お客様相手の商売をしているという意識を決して忘れないようにすることです。
塾開業と資金

商売であることを忘れない

塾開業と資金
商売を行うにあたって、お客さんのためにサービスや商品を提供することが絶対です。
この絶対的な法則をないがしろにして、経営を軌道に乗せることはできません。
学習塾の経営に関しても、お客さん相手の商売であるということを絶対に忘れるべきではありません。
この場合学習塾にとってのお客さんとは、生徒でありその生徒の両親となります。
そこで生徒のために学習塾の経営をしているのだという意識を常に持って経営に携わる必要があります。
生徒のためにすることの中には、一生懸命授業をする、補習などのケアをするということももちろん含まれます。
しかしその他にも生徒のためにしてあげられることはいろいろとあります。
授業時間以外でも生徒とコミュニケーションをとって、信頼関係を構築することも重要です。
その他には多感な時期の子供は、いろいろな悩みを抱えることがあります。
その悩みの相談に乗ってあげることも、子供のためになります。
このような生徒が何を求めているのかを真剣に考えることが、生徒や両親の信頼を作り上げ、塾経営を安定させることにつながっていくわけです。
また学習塾の中には、子供が授業中に飽きてしまっている所もあります。
なぜこのようなことが起きてしまうかというと、生徒の知りたいことを適切に情報提供していないからです。
塾経営をしていると忘れてしまうケースも多いようですが、生徒や保護者のために自分は仕事をしているという意識を持つことが重要なのです。

お役立ち情報